交通事故のケガ対応と整骨院の施術について

まずは必ず病院に行ってください

「いやーたいしたことはないから。」と物損事故(=車は壊れても、乗っていた人がケガをしていない事故)にしてしまって、あとから、それも2週間くらいたってから、痛みがでることはよくあるものです。

病院に行って検査と医師の診断をうけることは、とても大事です。というより、絶対に医師の診断を受けてくださいね。また、悪化したり、症状に変化がでた場合も、必ず、すぐに、病院で医師の診断を受けてください。

理由は、検査を行って診断する権限は医師しかないからです。治療や施術を受ける基礎となる、症状があるのかないのか、を決めるのは医師だけです。

ただし、どこを選ぶかは、もちろん、患者さまご本人にあります。相性もありますので、自分に合った病院やお医者さまを選ばれることです。

わからないことがあれば、遠慮なくご相談くださいね。

丁寧にご説明いたします。
 

整骨院の役割

整骨院では、自賠責保険を使って、自己負担なしで施術を受けることはもちろんできます。

しかし、診断権は医師にしかありません。患者様の状態や症状について、整骨院、柔道整復師も施術録を書きますが、何らかのトラブル、たとえば、症状がよくならず改善されないので、何らかの障害が残ってしまった場合、後遺障害認定を受けて賠償をうけることになります。柔道整復師の所見は参考にはなりますが、あくまでも医師の所見と診断に基づき認定や補償を受けます。

このような場合、患者さまがどんな症状にあるのか?これを診断できるのは、あくまでも医師だけですから、症状が改善されても、悪くなった場合はなおさら、医師の診断をうけることはとても大事です。

仕事が終わった後、お休みの土曜日曜に診察を受けたり、治療、リハビリを受けられる病院は限られます。夜遅くまで、土日もやっていて、お昼や仕事の合間にすぐに診てもらえる。便利で通いやすい、手技療法を中心に、なんだかとても身体が楽になった!

そんなかたちが整骨院のベストな利用法だと思います。

もちろん、定期的に病院に通ってくださいね。
 

交通事故で一番多いむち打ち症状

むち打ちの言われは、交通事故で、頭から腰まで続く背骨やそれに付帯する筋肉、靱帯、血管、神経が強い衝撃を受けてあたかも、ムチがしなるように前にそれから後ろに伸ばされることから、そのように言われます。

むち打ちによって、出てくる症状は、さまざまです。頭痛、腰痛、背中の痛み、肩の痛み、手のシビレ、肩こり、握力低下、体のだるさ、首が回らない、腰を回せないなどなどです。
 

むち打ちの原因と分類

脳から脊髄を通じて腰までは、重要な神経や血管のメインストリートです。こうした神経や血管に対する影響、そして、脊椎についている筋肉や靱帯に対する傷害(伸ばされたり、捻られたり)によっていろいろな症状がでてしまいます。特に事故後、疲れやすくなった、なかなか疲れとれない、動悸がするなど、病院でしっかりと検査を受けないと発見されないこともありますので、注意が必要です。以下、むち打ち症状を分類していきます。

①頚椎捻挫型

一番、むち打ちで多い症状がこれです。首のまわりの筋肉や靱帯などが、損傷して、頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の傷ついた状態でむちうち症の中で最も多い症状です。首や肩の動きが制限されることも多くあります。

②神経根症型

腕や指先にシビレがでてしまったり、なんとなく感覚がおかしいといった症状がでます。主な原因は首のなかを通る神経が圧迫されて起こります。痛みは、首を回したり、伸ばしたりすると、強まります。首を曲げないようにするのが第一です。

③バレ・リュー型

難しい表現を使うと、後部交感神経症候群といいます。交感神経は、副交感神経とともに、自立神経を形成しています。血液の流れや内臓を支配している神経で、興奮してくると、血圧が上がってきますよね。皮膚や内臓の血管が収縮して、血液の流れを筋肉や脳に集中させたり、運動全般を高める作用をしてくれます。この神経に悪影響を及ぼしてしまうので、頭痛がしたり、吐き気やめまいまどの症状が現れます。

④脳脊髄液減少症型

脊椎の中には脊椎管というパイプが通っていて、その中を脊髄や神経が通っています。主に首から下に悪い影響が出てきます。歩くときに足がもつれてしまったり、シビレや感覚がおかしくなることがあります。
 

整骨院の施術対応

病院では検査をして、医師の診断を受け、お薬やシップをいただきます。施設によっては、整骨院と同様に手技療法や電気治療を受けられる施設もあります。しかし、一般には待たされる、昼間しかやっていないので通院が難しく、通院はなかなか難しいのではないでしょうか。

まさに、通いやすく、すぐに対応してくれる。待たされない。手で、肘で、指で、患者さまのお身体の痛みを緩和する、筋肉を緩めていく、回らなかった首が少しずつ回るようになってきた。

そこに交通事故患者さまが、整骨院に通院される意義があるように思えます。
 

整骨院の施術対応について

①電気治療

電気治療器を使った治療になります。電気治療器には、干渉波治療器と低周波治療器がありますが、基本的には同じ原理です。周波数の低い電気を身体に流すと、神経に作用して痛みを緩和すます。また、筋肉に作用して筋肉を緩めてくれるのです。おおむね、10分から20分程度、治療します。電気治療器のビリビリが苦手な方は、ご相談ください。

②手技療法

整骨院においてメインの療法になります。手、肘、指を使って、患者さまのお身体全体をほぐしていく、血の流れがよくなって、治癒に向かっていきます。器具や道具を使わないで、まさにこの腕一本で、治す。「手当て」の語源として、整骨院の原点と言えます。人間には、そもその、自己免疫力のように、自分で自分を直していく力が備わっています。組織に刺激を与えることで、人間の身体は活性化していきます。刺激といっても、腫れているとき、まだ熱を持っているときに強い刺激を与えたら逆効果です。優しきさすって、血行を上げるだけでも、これは立派な手技療法なんです。軽擦法といいます。施術者は、時には強く、時には弱く、まさに職人技を求められています。

③運動療法

言葉の通り、運動させる施術です。患者さまご自身で回していただくこともありますが、施術者が、手を使って回したり、伸ばしたるすることが多いです。安静にしていると、どうしても、筋肉も筋など、体内組織は収縮していきます。ですから、寝起きなど、腰や背中を伸ばすと、なんだかスッキリしますよね。収縮した組織をいきなり伸ばすと、かえって組織を痛めてしまいます。少しずつ少しずつ無理をせずに、身体をもと状態に戻していきます。また、運動療法言うと、ダンベルやチューブなどの器具を使って行う、つまり負荷をかけて行う場合もあります。500グラム程度の負荷のダンベルを肘を曲げた状態で上げたり、下げたりですね。
 

テーピング

スポーツ選手が肩や膝にテープを巻いているのをみたことはありまさえんか?テーピングには、運動機能を最大限発揮させるための、スポーツテーピングと、患部を保護し、痛みを和らげるための、メディカルテーピングがあります。同じ伸びるテープを使いますが、関節の動きを抑えて、伸ばし過ぎないようにして、無理な動きを抑制することで、ケガを保護するのです。テープを貼ったところは、内部組織、皮下の血行や代謝が上がるんです。上がることで、痛みが和らいで、治りが促進します。ただし、皮膚に貼るものですから、かぶれやただれが発生することがあります。少しでもかゆくなったら、はがして様子を見てくださいね。最近は防水機能がよくなり、お風呂につかるのは難しいでしょうが、シャワー程度で、何日かもちます。

  • 関節を固定して骨格構造を保護する。
  • 関節の動きを制限し、無理な運動によるダメージを防ぐ。
  • 急性外傷時に患部を圧迫することにより、毛細血管からの出血を抑え、痛みを和らげる。

などが挙げられます。

また、テーピングの利点としては、

  • 患者の症状やサイズに合わせることができる。
  • ケガを予防し症状の悪化をさける。
  • 痛みを和らげる。

 

八千代市緑ヶ丘・西葛西・船橋日大前・柏の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口