腱鞘炎について

手首の痛み辛くないですか?

  • ・物を持ったときなどに、親指の付け根や手首、腕が痛む
  • ・手を広げると、親指の付け根や手首が痛む
  • ・親指を反らすと、親指の付け根や手首が痛む
  • ・指のつけ根が痛くて、動かすことができない
  • ・指や手首の関節付近がこわばって、指を伸ばしにくい

 

腱鞘炎って?

手首から指先にかけて腱と腱鞘という組織があり、腱が腱鞘の中を行き来することで、指や手首を曲げ伸ばししています。

その腱鞘が炎症を起こして痛みが生じる症状が腱鞘炎です。

骨と筋肉をつなぐヒモのような腱が動くときに、腱が骨から離れないように、筒状の腱鞘の中を往復するように移動するため、指や手首を使い過ぎると腱と腱鞘がこすれ合って、腱鞘に傷がつき、炎症が起きてしまいます。

腱鞘炎を悪化させると治りにくく、日常生活に支障がでてしまうため、早めの対処や予防が大切です。
 

痛い原因について考えてみる

腱鞘炎の原因は、反復した手指の動作や作業による手指の使い過ぎや女性ホルモンの低下が考えられます。その他、糖尿病やリウマチも腱鞘炎の原因になりえます。
 

原因①「反復した手指の動作や作業」

パソコンやスマホの操作、家事や育児、スポーツ、楽器、仕事などで反復した手指の動作や作業により手指を使い過ぎることが腱鞘炎の原因になります。

指や手首を反復して使い過ぎると、腱と腱鞘がこすれ合って、炎症を起こし、その部分が腫れて動きが悪くなり、やがて痛みが生じます。

また、加齢とともに、腱や腱鞘は硬くなり、血行も悪くなるため、反復した手指の動作や作業により炎症を起こしやすくなります。

原因②「女性ホルモンの低下」

妊娠前後や更年期にはホルモンバランスが変化し、腱鞘の炎症を修復する働きがある女性ホルモンのエストロゲンが低下してしまいます。

そのため、炎症を修復しきれず、腱鞘炎になってしまうことがあります。女性は男性よりも腱鞘炎になりやすいといえます。
 

腱鞘炎の対策

対策① 安静にする

指や手首に痛みや違和感を覚えたら、炎症を和らげるために、まずは安静にして様子を見ましょう。

ただし、関節が固まってしまわないように安静にし過ぎないことも大切です。

同様に、軽症のうちはテーピングも効果的ですが、関節が固まってしまったり、強く巻き過ぎると血行が悪化したりするため、注意が必要です。

対策②「こまめな休憩をとる」

反復作業を長時間続けることは腱鞘炎の原因になります。1時間に一度は休憩をし、指や手を休ませましょう。

両手をまっすぐ上にあげて、ゆっくりと揺すってみましょう。

続いて、手をだらりと下げて、手の力を抜いてゆっくり揺すります。

これにより血行が良くなる効果があります。

また、パソコン画面の文字を読んだり、文章を考えたりしているときは、意識してマウスやキーボードから手を放す習慣をつけて、指や手をこまめに休ませるようにしましょう。

対策③「血行を良くする」

血行の悪化は腱鞘炎の原因になります。

お風呂で温めながら、マッサージやストレッチをするとよいでしょう。

腕を曲げて、ひじから手首にかけてほぐすようにマッサージします。

また、腕を前に伸ばし、手のひらは外、指先は上に向けて、反対の手を使って、さらに手を反らしたら数秒静止します。

続いて、手のひらは内、指先は下に向けて、反対の手を使って、さらに手首を曲げたら数秒静止します。
 

腱鞘炎は悪化すると治りにくく、生活に支障が出るため、安静にしていても痛みがとれない場合や、悪化していると感じる場合には、早めに病院を受診するようにしましょう。

ただし、腱鞘炎は手指に症状が出ていますが、肩や背中、腕の使い方に原因がある場合もあります。生活に支障が出る前に、予防のひとつとして、整骨院に行ってみるのもよいでしょう。

整骨院では手技療法によって、筋肉を緩めたり、可動域を広めたりすることで本来の筋肉の働きや体の動きができるように促していき、痛みの緩和および治癒を促進します。
 

痛みは身体からのサイン

実は最近、職業や年齢などにかかわらず、腱鞘炎は一般の人にも急増しているそうですよ。

その最大の原因は、スマホやパソコンといわれています。

仕事だけでなく、SNSやゲームなどついつい何時間もスマホやパソコンに向かっている人が増えているのです。

手指を使い過ぎることが腱鞘炎のそもそもの原因ですが、使い過ぎを自覚していない人も多いようです。

痛みは、身体からのサインですから、手指を休ませるようにしましょう。

そして痛みの症状が出る前の予防が何より大切になります。
 

八千代市緑ヶ丘の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口