整形外科と整骨院の違い

整形外科では医師が、骨や関節そして筋肉・腱などの運動器や、手足のしびれなど神経、そして中枢になる脊椎脊髄の治療を行います。

診察による所見とX線(レントゲン)やMRI等の検査をもとに診断し、症状や病態にあわせて投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療します。人の身体を動かす機能について、オールマイティーに対応することができるのが病院であり、整形外科医です。

これに対して、整骨院(接骨院)では柔道整復師が腰や手足を捻ったことで起こる捻挫や、どこかにぶつけて傷めた打撲に対して、初期は熱を持ちますので冷やしたり(冷罨法)、その後は早く治るように温めたり(温罨法)、マッサージや物理療法等の施術を行います。

柔道整復師はもちろん医師ではありませんし、取り扱える症状は限られています。

あん摩・マッサージ、はり・灸師と同じ医業類似行為の資格です。

ケガと言っても捻挫に対する施術や、骨折や脱臼に対する応急措置しか認められていません。

急性のケガが守備範囲になりますので、慢性的な膝の変形や五十肩といった慢性疾患は、健康保険による取り扱いはできません。

限られた範囲しか整骨院は取り扱うことができませんが、整骨院の特徴的な技術はなんといっても手技療法だと思います。

昔から「手当て」と言われておりますように、手を使って、丁寧に筋肉や関節をほぐしていき、新陳代謝を高めて可動性範囲を広げていく。

手技療法の真価が問われるところだと思います。